横浜散歩
   ヘボン博士邸跡
Home

 横浜中華街の東北に隣接した区域に、横浜中税務署や地方入国管理局などが入った横浜地方合同庁舎があります。ここは、ヘボン式ローマ字や明治時代の和英辞典編纂で有名なヘボン博士がかつて暮らしていた場所です。庁舎の門の前に行くと、右脇に大きな石碑があるのが目に入ります。ヘボン博士の住居跡を記念して建てられた石碑で、すぐ隣の掲示板には、日本語と英語で次のような説明が書かれています。

ヘボン博士邸跡
Site of Dr. Hepburn's Former Residence

 開港とともに来日した宣教師の1人で神奈川成仏寺に3年仮寓、文久2年(1862)冬、横浜居留地39番に移転、幕末明治初期の日本文化の開拓に力をつくした。聖書のほんやく、和英辞典のへんさん、医術の普及などがそれである。昭和24年(1949)10月記念碑が邸跡に建てられた。

  In 1949, the 24th year of Showa, this monument was erected at the site of Dr. Hepburn's former residence (No. 39 in the Yokohama Foreign Settlements) in recognition of his achievements in the development of Japanese culture.
  One of the missionaries that arrived in the port of Yokohama after its opening, he lived for three years at the Jyobutsuji Temple in Kanagawa.
  Then he moved and settled here in the winter in 1862, the second year of Bunkyu.
  His work included the translation of the Bible into Japanese, the compilation of the Japanese-English dictionary and dissemination of Western medical science.

(財)横浜観光コンベンション・ビューロー
横浜市




TOP
北辰メディア
   
(2004/04/09掲載)
Home